錦山まる通信 ~鯉が如く~

「オリジナル作品でのアニメ化」を志すマンガ家錦山まるの活動日記。

BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … うつ病と言う病気BLOGTOP » うつ病 » TITLE … うつ病と言う病気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病と言う病気

今回は病気についての記事です。
他の患者さんや、身近にうつ病の方がいらっしゃる人のちょっとした助けにでもなればと思います。

※まとまりのない文章で読みづらいかと思いますがよかったら読んでください。

病気を公にしてから約二ヶ月がたちました。
公にしたことで多くの方々から心配の声をいただきました。応援だったり励ましだったり共感だったり本当に多くのメッセージをいただき「まさかこんなにくるとは!」と正直驚きました。思っていた以上に多くの方々の支えのもとに生きているのだなと改めて感謝しました。新作も全く発表出来ていない僕にメッセージを送っていただき本当に有難う御座いました。これからも応援よろしくお願いします。

病気と診断されてから8ヶ月近い時間が過ぎたのですが、この間病気に関して様々な出来事がありました。あるだろうなと思っていましたがまずは誹謗中傷です。以前にも書きましたがうつ病と聞くと皆様はどのようなイメージをお持ちになるでしょうか?最近はうつ病がテレビで放送されたりするようになり少しずつ認知度は上がってきた気がしますが、それでもまだまだ根強い偏見や誤解が残っています。よく聞く例として「弱い奴がなる甘え病」「だらけているだけ」「適応力がない奴」「現代っ子がなる怠け病」などがあります。患者として非常に悲しい話ですがこういった声が想像以上に多いのが現実です。
これら以外に僕がかけられた言葉も一例として載せておきます。「結局は甘えなんだよ」「薬なんか飲んでも治らないよ」「仕事もプライベートも上手く行ってるくせに何がうつ病だよ」「お前なんかとは気合が違う」「お前なんかより支えてる彼女の方がよっぽど大変だよ」「え?何?薬飲んでんの?」「たかだか2~3ヶ月なんて大した事ねぇだろ」

僕はかなり環境に恵まれている方だと思いますがそれでもこういった声はあります。理解ない環境にいる患者さんはこれどころではないのではないでしょうか?テレビや雑誌や本などであれだけ取り上げられても影響力ある著名人が公表してもこれが現実です。癌などと並ぶ五大疾病に認定されてもこれだけ誤解や偏見はあります。こういったものが減り、体や精神の異変を認め心療内科を受診する人、うつ病と診断され治療に専念する人が増えるにはまだまだ時間がかかりそうです。

ここからは治療についてです。
うつ病の治療は当然ですが主治医と患者とが相談しながら決めていくものです。うつ病に限らずどんな病気でもこれが基本なのですが、巷には偏った情報が溢れています。僕がうつ病患者だから余計に目に付くのかも知れませんがかなり多いのは「抗鬱薬や向精神薬は飲むな」だと思います。こういった話を謳っている人たちの言い分は大体「抗鬱薬向精神薬を飲むと依存症になり体がボロボロになり薬漬けにされてしまう。国や製薬会社や精神科医が設けるためにうつ病の患者を利用している。今すぐ断薬しましょう。」といった感じです。これらを謳うだけならまだマシかもしれませんが更に悪質になると「断薬しうつ病を治していくためにうちのセミナーを受講しましょう。」などと誘ってくる場合もあります。本当に悪質ですね。

薬害はたしかにありますし、処方された薬が合わなければ副作用がでたり思うように回復が進まなかったりすることもあるでしょう。ですがうつ病の治療の基本は投薬と休養です。どうか上記のような偏屈な(もっと言ってしまえば中二病)情報に耳を貸さずご自身の治療に専念しましょう。そしてもし身近な患者さんがおかしな情報に惑わされていたらまともな治療を続けられるよう諭してあげてください。
うつ病は治療が難しく1~2ヶ月ですぐ良い結果が出るほど甘い病気ではありません。面識もない人たちの変な情報など放っておき自分の主治医と相談しながらご自分にあった治療を見つけ、ゆっくりしっかり確実に治して行きましょう。

*** COMMENT ***

NoTitle

まるさん。はじめまして。
ツイッターから来ました長与と申します。

まるさんのうつの治療のブログを拝読しまして、私も強い感銘を受けました。

私は全般性不安障害という脳の病気を発症し、激しい動悸と息切れ、何もないのに涙が流れてくる、酷い抑うつと全身の神経痛も併発しました。ストレス発散で買い物に走り、貯金も全部使いました。
診断されたのが2011年の夏。当時勤務していた会社の上司や職場の同僚の裏切りが原因で、何もかもが不安になり信用できなくなり、以上の病名と診断。3ヶ月の病休を取り療養入院をしました。
しかし3ヶ月ぐらいで良くなる訳もなく、ましてや要因となった職場へ戻る訳です。職場転換もさせてもらえません。再発するのは時間の問題でまたダウン。そのまま2度目の入院です。

そして入院中に問題の発端となった上司が病院へ来て解雇通告を置いていきました。本当に最低な連中だと今でも思います。

その後も1度入院して、その入院期間も合わせると7ヶ月近く寝たきりとなりました。本当に身体が動かない。1日15時間以上寝ていました。一人暮らしなので食事や日用品は友人に買ってきてもらったりしました。
私もいい年齢で何の身にもならない仕事なので職歴もゼロに等しい。再就職を考えると不安や焦りが加速し、でも何も出来ないのが現実で塞ぎこんでしまって日々布団の中で過ごしていました。

精神疾患に対する偏見は、まるさんの近況と全く同じでした。
それまで付き合いのあった人がどんどん離れていきました。
心ない言葉をかけられたりしました。
こういう疾患は「自分か配偶者が食らわないと絶対分からない」というのが私の持論です。
私も偏見こそ無かったのですが、どういうものなのかまでは理解が及んでいませんでした。私は大丈夫だろうと思っていました。
ところが従兄弟がうつ病となってその大変さを知り、そして私自身も食らってしまって本当に地獄のような日々を過ごしていました。

抗うつ剤は簡単に言えば脳の神経伝達の設計図を書き換える薬です。時間もかかるし身体への負担も大きいです。馴染むまでは眠気や倦怠感、焦燥感、色んなのが出てくると思います。
そして「合う合わない」がハッキリしていて、合わないのは本当に合わないし、薬を決めるのがすごく大変でした。まで2週間、増量しながら副作用が落ち着いて身体に馴染んでくれるまで3ヶ月近くかかりました。
ジェイゾロフト✕3とサインバルタ✕1に落ち着いています。加えて安定剤のレキソタンとカームダン、眠剤のマイスリーです。ロヒプノールという結構強い眠剤を飲んでいた時期もありました。

投薬治療と言っても抗うつ剤は風邪薬みたいに即効性は見込めません。眠剤や安定剤は即効性も期待できますし、それらを上手く組み合わせていくのも重要です。勿論、主治医さんとの相談は必須です。

ご自身の病気と向き合うにあたって私からは大したアドバイスは出来ないのですが、「年単位」で治療に取り組むぐらいの長い気持ちで居た方が良いです。数ヶ月で治る人も居ない訳じゃないけど、ごく一部です。
精神疾患はとにかく治療に長い時間を要します。焦りが一番の足かせになります。それが一番難しいんですが…。
とにかくまるさんご自身が、ゆっくり休養される事を望みます。

私もまだまだ加療通院中で、抗うつ剤が無いと生活が出来ない状態です。早く薬を飲まなくてもやっていけるようになりたいのですが、先は長そうです。気長にやっていきたいと思っています。

Re: NoTitle

長与様


はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
年単位で取り組むぐらいの気持ちでいたほうが良いというアドバイスが特に響きました。正直焦りや仕事を出来ないという屈辱感から早い復帰をつい考えてしまいますが、やはり焦りは危険ですね。ツイッター上でも焦ってしまった経験者の方々からとにかく焦るなとよく言われます。
つい「もう病気じゃない」という設定にしたくなりますがゆっくりしっかり確実に治すのが結局は一番の近道ですので、ここは仰るとおりゆっくり休養します。
お互い気長に治して行きましょう

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (只今、非公開コメント投稿不可)

☆プロフィール☆

錦山 まる

Author:錦山 まる
 (にしきやま まる)
当サイト内の文章・マンガ・イラストは全て無断転載・加工厳禁です。

現在漫画・イラストのお仕事を募集しております。下記のアドレスまでお願いします。
連絡先 nishikiyamamaru☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください。)

   
   ☆マンガ歴☆

●2009年月刊少年エース1月号~2010年月刊少年エース3月号
「テラバイト卍」掲載(読み切り)
●2010年月刊少年エース7月号
「おたユーレイ」掲載(読み切り)
●2010年月刊少年エース10.1月号
「おたユーレイ」(別キャラ版)掲載(読み切り)
●2010年月刊少年エース12月号
「独裁掌握!ひとらちゃん」掲載(読み切り)
●2011年月刊少年エース4・7・10月号
2012年月刊少年エース4月号
「ヤンツン少女」掲載(読み切り)
●2012年月刊少年エース8月号
「マッスリング!」掲載(読み切り)
●2011年4コマnanoエースvol.1~vol.16「おたユーレイ」連載
●2012年4コマnanoエースvol.19「洒落怖!?はっしゃく様」掲載(読み切り)
●2013年4コマnanoエース2月号「おたユーレイ」掲載(読み切り)
●2013年4コマnanoエース5月号「萌えてアイリス」掲載(読み切り)

おたユーレイ (カドカワコミックス・エースエクストラ)おたユーレイ (カドカワコミックス・エースエクストラ)
(2012/12/29)
錦山 まる

商品詳細を見る

☆カテゴリ☆
☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:

☆最新記事☆
☆最新コメント☆
☆月別アーカイブ☆
☆訪問者数☆

☆カレンダー☆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

☆リンク☆
管理者用
☆ブロとも一覧☆
☆ブロとも申請フォーム☆
☆まるpixiv☆

☆まるツイッター☆

☆参加ランキング☆
検索フォーム

QRコード

QR

☆ランキング☆

全記事リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。